コンセプト

コンセプト

い将来、私たちの誰もが人工知能のサポートを受けて、より人間らしさを求めて様々な行動を起こす事になると思います。人間同士、あるいはコンピューター同士のコミュニケーションが今後、直ぐに理解できる映像データや人工仮想映像にとって代わり、コミュニケーションICT技術の中心となっていきます。世界の巨大IT企業も、小さなベンチャー企業も必ずこの課題の解決策を見つけようと新しい叡智を創り上げていくでしょう。私たち映像やITなどのアマチュア専門家(通称オタク)がつどい、つながり、この創造をスタートすべくLLP(有限責任事業組合)を立ち上げました。


可視化(バーチャルリアリティー)へのこだわり

像は人の心を揺さぶります。アニメでもCGでもドキュメンタリーでもそこには人の感じるリアリティーがあり、そのものがダイレクトに人の心を刺激します。ある時は涙する感動であり、またある時はとてつもない恐怖感だったり、人が最も幸福を感じ自分らしさを実現している瞬間は必ず心が動いています。感情になりそれがとてつもない創造のエネルギーにつながるー肉眼では見えない物を視えるようにした時、私たちは新しい体験で感動し次のエネルギーを生み出します。この連鎖がずっと続いていけるように私たちは映像技術で皆さんの感動をサポートします。多少の無理があってもいいと思っています。私たちはみんな新し物好きですから。


ストーリーへのこだわり

ミュニケーションの一つである映像技術は、まず相手がどんな状況で見るか、その映像導入の際に的確に分析できていないと、全く意図が伝わらない、インパクトが無い、まったく感動しないといった最悪の結果になります。長い経験と斬新なアイデアで常にどんな映像にも相手に合わせて最適化できるようにお客様の状況を良く分析した上でアジャイル型編集を進めます。